「サマータイムディナー」のはなし

2017.05.25 Thursday

0

     

    七夕の夜。

     

    素敵な時間を日本料理とシャンパーニュで過ごしませんか??

     

    今回、四種のポメリーシャンパーニュが堪能できます。

     

    その中に、最高級のポメリー・ルイーズも含まれています。

     

    また、

     

    フラワーアーティストの前谷さん、書道家の岡西さん、そしてオレことわたくし、

     

    3人のアーティストにより、店内空間を演出します。

     

    また、料理長が作る最高の日本料理にはわたくしのうつわも使用します。

     

    またまた、特別な時間として、前谷さんのお花を使ったライブパフォーマンスもございます。

     

    この一夜だけのために作陶した(作陶中・・・)わたくしの作品を使ったライブパフォーマンスです。

     

    最高の日本料理と最高のシャンパーニュ、そして最高の演出・・・

     

    お時間ある方は、ぜび、ご予約願います。

     

    この日、わたくしも参加しまーす!

     

     

     

    『ダメな日』のはなし

    2017.05.13 Saturday

    0
      疲労の蓄積、


      寝不足・・・


      ボロボロの体で大作作りなんて


      無謀すぎた。。


      ロクロ成形時の失敗。。


      気持ちを切り替えるために


      酒器を作ろうとするが、


      集中力がなく


      それさえもうまく作れない。。


      ・・・・


      いろんな期日に追われる不安はあるが


      今やるべきは


      己の体を休ませることだな。。


      今日はぐっすりと寝て


      明日もしっかりと休みます。。














      『再始動』のはなし

      2017.05.06 Saturday

      0
        有田陶器市では、


        たくさんのお客様にはお越しいただき


        まことにありがとうございました。


        今後ともどうぞよろしくお願い致します。


        さて祭りも終わり、


        本スケジュールの作陶へ。





        個展用の作品群です。


        これから、地味で地道な彫り作業が残っています。。


        毎年の全国公募に向けての作品作り、また、ビエンナーレ公募の作品作り・・・


        複数の公募展作品を作るにはちょっと時間的余裕がないかも。。


        義務的、事務的な作品作りは避けたいものです。


        まずは、


        ご依頼を受けている個展、ご注文を


        優先的にこなさないとね!


        次回のお仕事は


        6月に一ヶ所、7月に二ヶ所。


        いずれも東京で。


        詳細はのちほど!








        『作家として』のはなし

        2017.05.03 Wednesday

        0
          有田陶器市も、最後の三連休となりました。


          お客様も多数お越しになるなか、時間和見つけて仕事もしております。





          うつわの削りです。


          手前に穴が開いて短い生涯を終えたうつわもあります。


          一般のお客様は知ることがない境界線です。


          わたくしことオレが、


          仮に、磁器職人ならば、


          穴になる前に、


          削りを止めて、


          すこしでも歩留まりを考えると思う。


          がしかし、


          オレは、


          陶芸作家です。


          歩留まりよりも大切なものがあります。


          これはあくまで一例の画像ですが、


          1品作品ではもっと激しくなります。


          薄く作って、


          深く彫る。


          結果がみえみえな行為ですが、


          それでも、


          求める表現のためには


          玉砕覚悟で挑みます。


          また、


          うつわ作品を作る場合、


          必要最低限のサイズ調整はしますが、


          寸分狂わずサイズを合わせようとする意識はありません。


          これも、


          磁器職人と作家の違いでしょう。


          オレのうつわは同じうつわであっても


          一つ一つが個性ある作品です。


          作陶工程の中で、


          一つ一つのうつわのことを覚えています。


          (完全ではないですが。。)


          一つ一つが個性あるうつわでありたい。


          求める表現のためには歩留まりなんて


          二の次。

           
          磁器職人は失敗を恐れるが作家は失敗を恐れない。


          お客様には絶対にみえない、


          作家らしさが、


          ここにあると思います。


          ・・・・


          失敗は恐れないが、失敗には落ち込みますよ。。(笑)


          磁器職人みたいに寸分狂わないうつわだって


          作れますよっ!


          磁器が冷たいというイメージ。


          もちろん、素材芽持つ特性もあるが、


          磁器職人的作陶から作り出される同寸法主義ともいうべきか、


          そんな作り手の思考が生み出したイメージも


          大いに関係あると思います。


          オレことわたくしの作品に


          恐縮ながら、


          優しさと温かみを感じていただけるのは、


          磁器職人的作陶をしていないからなのかもね。

















          「変わらない場所で」のはなし

          2017.04.29 Saturday

          0

             

             

            明治時代、初期の有田陶器市。

             

            有田陶器市が陶磁器品評会という名だった頃。

             

            オレことわたくしの実家、「晩香窯」の画像です。

             

            晩香とは、初代ご先祖様の俳句名だそうです。

             

             

             そして現在。

             

            昔も今も、

             

            変わらぬ場所で、晩香窯は皆様をおまちしております。

             

             

             

            弟114回 有田陶器市

             

            会期:4月29日〜5月5日

             

             

            どうぞ宜しくお願い申し上げます。

             

             

             

             

            『豊かな時間』のはなし

            2017.04.24 Monday

            0
              春の風が漂う時間


              何もないが贅沢な時間


              一時の休息





              来週は有田陶器市


              どうぞよろしくお願いいたします。

              『エッセンスとして』のはなし

              2017.03.29 Wednesday

              0
                オレことわたくしの作品イメージ


                第三者から、薄くて柔らかくてシャープだと言われていました。



                高台が小さく、まっすぐに延びた鉢のイメージなんだろう。


                しかしながら、


                最近は小さな高台をした作品はあえて作らなくなった。


                高台を小さくすると、


                不安定さが生まれ


                誰が作っても大体のものはシャープに見える。。


                自分らしさではあるが、


                自分だけのラインではない。。


                と、思えてきたからだ。


                自分らしさを損なわず、自分だけのラインを作る・・・・


                直接的なシャープ感(小さな高台を作る)ではなく


                エッセンスとしてのシャープ感。


                柔らかく


                薄く


                何と無く感じられるシャープ感


                そこに、


                自分らしく、自分だけのラインを見いだすこだ。






                白妙彩磁一輪挿し












                『引きこもり』のはなし

                2017.03.21 Tuesday

                0
                  引き込もって


                  作陶の毎日。。


                  色々と焼き上がりました。


                  まだまだ、つづく・・・


                  引きこもりの毎日。。

                  『宝石』のはなし

                  2017.03.07 Tuesday

                  0
                    天草にきています。





                    目的はオレことわたくしにとっての


                    宝石の原石を求めるため。











                     


                    鉱脈によって、


                    鉄分量が異なったり


                    硬かったり脆かったり。。


                    作り手の求める成形法、表現によって


                    原石が使い分けられる。


                    しかしながら、


                    今回のわたくし個人の最大の目的は


                    専門的なことではなく、


                    この宝石の鉱脈と対峙したときに、


                    どのような感覚を抱くのか? を、


                    確かめたかった。。


                    ・・・・・・・


                    本音を言えば、わからなかった。。


                    ・・・・・


                    わからなかったけれど、


                    少しだけ、


                    感じることがあった。


                    それは、鉱脈と対峙したときではなく


                    別の場所ですが。。


                    何を言っているのかわからないけど、


                    とにかく、


                    大きいんですよ!


                    壮大なことなんですよ!


                    そして、


                    奇跡のごとく、小さいものですよ!


                    ・・・・・


                    よくわからないですが・・・(笑)


                    とにもかくにも、


                    今回の探求の旅は


                    とても良かったです。







































                    『楽しい時間が』のはなし

                    2017.03.03 Friday

                    0



                      呑むための器作り。


                      『飲む』ではなく、


                      『呑む』ための。



                      最近の出会いから、


                      オレことわたくしは、


                      健康的に、楽しく作陶する喜びを感じている。


                      やっていることは、


                      手間隙かけて時間はかかるけど、


                      やりたいことを素直にやれている。


                      誰かのために・・・・


                      それも大事だけど、


                      自分自身が良いと思い且、


                      楽しんで作陶しないと、


                      伝わるものも伝わらないよね。