東京へ行って参りました

三越本店にて日本伝統工芸展(以後本展)が開催されています。 

 

(詳細はココ→ 日本橋三越HP

 

そのために東京へ行って参りました。

今回、上京する際にトラブルに巻き込まれ、

それが日々の疲労とストレスが合間って

かなり疲れました。。

本展の感想はまた近いうちに書こうかな・・

 

ところで、

本展とは別に、11月の個展の場所の下見もしました。

ご無沙汰していたスタッフのみなさまとも再会し、

個展への士気も上がりました・・・が、

時間の無さも実感し、今は焦っております。。。

 

前回のブログで紹介した2019年の三越おせちカタログですが、

全国にある三越でみることができるそうです。

一応、メインがおせちなので食品売り場に置いてあるそうです。

皆様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

ということで、

今日はもうねます。。。ZZZ

 

 

 

 

 

お仕事




2019年 三越のおせち


三越のおせちカタログの表紙を飾らせて戴きました。

本店からの以来で制作したのだが、
重筥(二段重ね)は初挑戦でした。

一重の蓋物ならば
問題なく作る自信はあったが、
二段は難しかった。。(納期もキツキツでしたし)

しかしながら、良い経験になりました。
まるで、
スポットライトがあたっているかの如く
料理を映えさせる私の白磁(自画自賛)
お世話していただける方がいるならば
実感してもらえるかな。
ちなみに、重筥、取り皿(5枚揃)それぞれ販売もしています。
それぞれ一点のみですが。。。
反響が大きかったら受注も考えるかな(笑)
11月の三越日本橋本店での個展にて
表紙の現物を展示する予定です。

とにもかくにも、
色彩が美しくて美味しそうな三越のおせち
、私の白磁、よろしくお願いいたします。














ロクロ技術のその先へ

昔は、
大物をロクロで挽くことができる人も少なかった。そんな方たちはいつしか名人と呼ばれ後世の伝説となっていった。
多くの陶芸家が、その伝説に近づきたいと思い、作っては壊しの連続によって技が伝承されてきた。

現在、

技の伝承と共に、ロクロ機本体の進化もある。
粘土の精製も今は上がっている。
技術習得のために、長い年月を耐える精神力が必要なのは今も昔も変わらないが。。

しかしながら、
『大物をきっちりと作ることができる!』
と言うことで完結した時代はとうのむかし。
その技術の上て何をするか?が、
求められている。
いや、求められていた。

最近感じること、
作る方法なんてさほど意味を持たない。
大事なのは何を表現するのか?

原理よりも現象を重んじている。

私は、結構ドライなほうだ。
だが、有田で培った技術を捨ててまで
表現のためだけに成形方法を変えたくはない。まぁ、表現も重視するんだけど。。



高さ30?くらいの壺だが、
こんな不細工な形を作るにしても
かなり高度なロクロ技術が必要となる。
だからといって自慢にもならない造形だ。
当然、この先のことも考えている。
そのための不細工な造形なのだ。

有田で培った高度なロクロ技術をフルに使い
その痕跡がかすむほどの自己表現をする。

これが私が信じる伝統工芸なのだ。



事後報告ですが

先月はじめ、
千葉の某高層ビル23階にて、
特別なお客様のみを対象とした個展を開催しました。





本来はカーテンを閉めライトだけでの展示なのだが、以前、私の作品は自然光が良いと伝えていたのを覚えていて下さった関係者が、
配慮してくれた。

改めてライティングの大切さを感じました。


柔らかさ

『やわらかさ』

ここで言うそれは、形状のことなんだけど、
柔らかな形状を作り出すための方法はいくつかある。

削り出すことで作られたやわらさ
ロクロ成形後に変形させたやわらかさ

今回の制作では
変形させたやわらかさを強調している。





ギリギリまで薄く挽き伸ばしたフォルム。
乾燥して硬くなる前に変形させていく。
決して、精密な変形ではない。だがそれが良い。

そこには、緊張感ではなく安心感が生まれる。




ブログ名をリニューアル!!

ブログ名を変えてみた。

『庄村久喜のブログ 脳内会議』

・・・・
あまり変わってないけど。。

それに伴い、
今まで拘っていたキャラを演じた文章の書き方などもやめる!

理由は簡単。
いちいち面倒くさいから。。(笑)

おかげさまで、
仕事もバタバタとさせて戴いて、
プライベートな時間が取れなくなってきたからだ。

以前は、
ポエムかよっ!というくらい短く文章刻んだり
段落ごとに空間を作ったりしていたので、書いた後のチェックがたいへんだった。

これからは、
なにも考えずにスラスラといきます!

ということで、
内容事態はほとんど変わらない、
そんな私のブログをこれからも、
よろしくお願いいたします。








『地元』のはなし

先日、


お刺身と日本酒を堪能したくなり


地元の魚屋さん、地元の酒屋さんから


調達してきました。




サーモン、ヒラス、イサキ、


アジにサバ


すでに減ってしまった画像ですが


この量で3000円なのだ!


鮮度が良いので味も抜群にうまい!


あくまで個人の感想だけど


九州にいて


マグロを美味しいと思ったことがない。


お寿司屋さんに行っても


ほとんどトロは注文しない。


それ以上に、青物魚が美味しいから。


以前、


築地で食べたトロはおいしかった。


だけど、


九州で食べるアジやサバの方が


好きかなぁ。


まぁ、個人的なはなしだけどねぇ。








そして日本酒は


九頭龍『夏しぼり』


王子たちの夏休みも最後なので


なんとなく最後の夏を感じたくてね(笑)


ぐい呑は


川端文男先生作。


プリミティブな備前の中にも


新しさを感じる。


明日からは王子たちの新学期。


わたくことオレも、


気持ち新たにし、作陶に励みます。






















『公募展』のはなし

季節のあいさつが通用しない


そんな猛暑が続いている。。


残暑と言うべきか


残猛暑と言うべきか


そんな時期、


忘れた頃に結果発表となる公募展。


それは、


日本伝統工芸展なのだ。


日本最大クラスの公募展で


オレことわたくしも


毎年、出品しています。


そう・・・・毎年なのだ。。
 

毎年、わたくしの脳内をフル回転し


新しい創造、そして制作をするのだけど


これが辛いのだ。。


陶芸人生において、


これぞっ!!と思える作品は数点ぐらいしか生み出せないだろう・・・


むかし、誰かが言っていた。。


そんなに頑張って、出品して


なにか意味あるの??


公募展に出品しない人のほとんどか言う 。。


・・・・


公募展に出す意味・・


人それぞれだろうけど、


わたくしにとっての意味は


いくつかある。


1つは、


わたくしを応援して下さっている方達への


近況報告ができること。


1年間かけて全国を巡回することを考えると


コスパが良い。。(笑)


もう1つは、


己のペースで創造していくよりも、


時間的な束縛の中で


半強制的に創造していくことで、


常に美意識を高く持てるということかな。


個展じゃだめなのか?


もちろん、それも可能だろうが、


公募展の方が、他の作品との比較もできて


それにより、己のレベル、現状もはかりやすい。


そんな感じなので、


辛くとも、毎年チャレンジしてます。


・・・・


そんなこんなで、


今年の結果ですが、入選でした。


今年の佐賀県内での入選者数は17名(陶芸のみ)


かなり厳しい結果だ。。


結果はどうあれ、


すでに来年のことを考えています。


原理、現象・・・


引力、浮力・・・


アンテナを外にはり、己の中にもはり・・・


わたくしことオレらしい作品を作るためにね。

















『近況報告』のはなし

長いことブログを更新してなかったような。。


個展、企画展、グループ展、


ご依頼の作品作り・・・と、


寝るまも惜しんで作陶しておりました。


また、


プライベートでもバタバタとしてまして


今に至った感じです。。


忙しさのピークはとりあえず越えましたが、


次の仕事のために作っております。


ざっくりとしたスケジュールです・・


今年の予定・・・

9月 静岡 企画展
10月 大阪 3人展
11月 東京 個展


来年の予定・・・

広島 (二人展)

愛知、神奈川、東京、秋田   (個展)


9月の企画展はすでに準備を終えています。


がしかし、


その他は頑張ってます。。


来年は個展が多く


地獄のスケジュールなので


今からコツコツと作品を貯めています。


そんな感じの最近でした。


・・・・













 


















『箱書』のはなし

夜な夜な、


箱書しております。

 
中身はまだ焼き上がってませんが。。